トップ > 萬勇鞄のものづくり > 肩ベルトの通し方正しい背負い方

肩ベルトの通し方

肩ベルトの通し方正しい背負い方

肩ベルトの通し方

肩ベルトを外して、短い方のベルトを半回転させてください。
半回転
ランドセルをひっくり返し、肩ベルトを、美錠受けと美錠に差し込んでください。
錠に差し込み
肩ベルトの先を、二つの指差し(小・大)に通したら完成です。※指差し(大)は最後の穴まで持ってきてください。
肩ベルトの先

肩ベルトの長さ

ベルトの長さを調節しよう

  • 肩ベルトは、背中とランドセルとの間のスペースができるだけ少なくなる長さがベスト!
  • 空いたスペースが大きいほど、重心が後ろに持っていかれてしまい、猫背の原因になります。

正しい背負い方

左右の肩ベルトの位置が同じになるように

左右の肩ベルトの位置が同じになるように調整すると、偏った負担を感じなくなります。

左右の肩ベルトの位置が同じになるように

下ベルトはランドセルの下に

下ベルトがランドセルの外側にきてしまうと、肩ベルトが落ちやすくなってしまいます。

下ベルトはランドセルの下に

肩ベルトの長さを調整しましょう

上記でご説明したように、背中とランドセルの間に空間ができないように調整しましょう。
横から見たときに、ランドセルの向きが垂直になっているとgood!
荷物の重さが分散されます。

肩ベルトの長さを調整

背負った時のチェックポイント

お子様の体にしっかりフィットしているか、確認しましょう!

  • 背中の真ん中で背負っていますか?
  • 左右の肩ベルトの位置が同じになっていますか?
  • 背中に空間はありませんか?
  • 肩ベルトが浮いていないですか?
  • 首が前に出ていませんか?
  • 猫背になっていませんか?
  • 腰が反っていませんか?

しっかりと背中にランドセルがフィットしていれば、わんぱくに走り回る男の子でも動きやすいですし、
力が弱い女の子でも後ろに力を持っていかれて倒れてしまう心配も減りますよね。

ご入学から卒業までの6年間で、お子さまの背はぐんぐん伸びて、肩幅も大きくなっていくと思います。
お子さまが負担を感じずに背負っているか、定期的にチェックしてあげてくださいね。

  • 2023年度ご入学用 カタログ・革サンプル資料請求受付開始
  • ショールーム来場予約受付中
  • お問い合わせはこちら 052-485-789
お問い合わせ
pagetop