トップ > 萬勇鞄のものづくり > 背負いやすさ

CONCEPT

萬勇鞄のものづくり

背負いやすさ

お子様ひとりひとりに、優しいつくりを。
ランドセルの負担を感じず元気に歩けるよう、
背負いやすさにこだわったランドセルです。

背負いやすさ

立ち上がった背カンで、
自然に身体にフィットするから、
重みが後ろに引っ張られない。

二層のクッション材で、肩にやさしい肩ベルト。
職人が手がけるランドセルでは珍しい、
付け根が立ち上がった立体的な形状が特徴。
これが長時間背負っても疲れにくい秘密です。
さらに少しS字型にカーブさせることで、
ランドセルを肩と背中にフィットさせます。

立ち上がった背カンで、自然に身体にフィットするから、重みが後ろに引っ張られない。
肩ベルトが別々に動くから、身体が大きくなって、肩幅がひろくなっても、背負いやすい。

肩ベルトが別々に動くから、
身体が大きくなって、
肩幅がひろくなっても、
背負いやすい。

肩ベルトとランドセル本体を繋ぐ、背カン。
萬勇鞄の"ウイング背カン”は、左右が別々に動いて背中にフィットするので、肩への負担が軽減されます。

背負いやすいだけでなく、
背あての工夫で、
快適さにも配慮しています。

毎日背負うものだから、
背中の快適さとフィット感は欠かせません。
ソフト仕上げ牛革(人工皮革)と中のウレタンが背中をふんわり包み込み、 通気性を良くするための凹みをつくるスチロールはつぶれ防止の役割を果たします。

背負いやすいだけでなく、背あての工夫で、快適さにも配慮しています。

背あて表面の素材。天然皮革には、通気性の良いソフト仕上げ牛革を。人工皮革には、湿気やカビに強い人工皮革を使用しています。

背負いやすいだけでなく、背あての工夫で、快適さにも配慮しています。
お問い合わせ
pagetop