トップ > かしこい! ランドセルの選び方 > 男の子ランドセルの内装特集!13種類の内装♪

COLUMNかしこい!
ランドセルの選び方

男の子ランドセルの内装特集!13種類の内装♪

2021.07.29(Thu)

来年入学式を迎えるお子様のランドセルを選ぶ際はどんなランドセルを選んだらいいか迷ってしまいますよね。
6年間使い続けるランドセルですので、飽きずに使い続けられるランドセルを選びたいものです。
本体カラーや細部のデザインはもちろん、ランドセルを開けて最初に目に入る「内装」は何度も見る箇所です。
お子様が気に入る素敵なデザインだと6年間うきうきで使えますね。

今回は男の子のランドセルの「内装」を特集で紹介します。
ベーシックなカラーから特徴的なカラー、無地から柄付きまで取り揃えております。
シンプルで上級生になっても背負い続けられるデザインが最大の魅力です。

萬勇鞄なら工房系ランドセルなので品質もお墨付き。
背負いやすく、6年間使っても丈夫で安心です。




本体カラー×同色系統カラーの内装(柄)のランドセル

本体と同系統のカラーはランドセルのデザインに統一感を感じさせ、少し派手な柄でもすんなりと調和させてくれる特徴があります。

リリークレスト

内装特集男の子画像

内装はシンプルなブラック。かぶせ裏にユリの紋章がワンポイントで入り、凛々しいデザインです。
ポイントも大きすぎず、6年間使いやすいデザインです。

・コードバン ブラック×ゴールド、ブラック×シルバー、ブラック×ブルー
リリークレストのコードバンはこちら

・牛革    ブラック×ゴールド、ブラック×シルバー、ブラック×ブルー、ブラック×レッド
リリークレストの牛革はこちら

・人工皮革  同上
リリークレストの人工皮革はこちら


アーデルナイト

内装特集男の子画像

内装・かぶせ裏ともにヴィクトリア柄でおしゃれな印象のデザイン。
ランドセル側面に描かれた翼モチーフの刺繍とともに型にはまらない自由さを。

・牛革    ブラック×パープル、ブラック×ブルー、ブラック×ワイン、ブラック、ブラック×グリーン
アーデルナイトの牛革はこちら

・人工皮革  同上
アーデルナイトの人工皮革はこちら


ノブレス

内装特集男の子画像

かぶせ裏・内装共にチェック柄で知的な印象のノブレス。
ブロンズ調の金具と合わせて、どんな服装にも合わせやすいデザインです。
(次の段落では、ノブレスの別カラーもご紹介しています。)

・コードバン ネイビー×ブラウン
ノブレスのコードバンはこちら

・牛革    ネイビー×ブラウン、キャラメル×ブラウン
ノブレスの牛革はこちら

・人工皮革  同上
ノブレスの人工皮革はこちら




本体カラー×別カラー内装(柄)のランドセル

ノブレス

内装特集男の子画像

よりおしゃれな印象になるミックスカラーの組み合わせ。
色のトーンを合わせているので、上品なスタイリッシュさを感じさせます。
(前の段落で紹介したノブレスの別カラーになります。)

・コードバン ブラック×ブラウン
ノブレスのコードバンはこちら

・牛革    ブラック×ブラウン、グリーン×ブラウン
ノブレスの牛革はこちら

・人工皮革  同上
ノブレスはこちら




本体カラー×同色系統カラーの内装(無地)のランドセル

同色系統の無地の内装は何よりもシンプルで6年間飽きずに使いやすいですね。
ベーシックなカラーリングが定番の良さを感じさせます。

ベーシックアンティークブロンズ

内装特集男の子画像

落ち着いたレトロカラーダークブラウンはよりアンティークらしさを感じさせます。
アンティークのように大切に使い続けられそうな色合いです。
(次の段落では、ベーシックアンティークブロンズの別カラーもご紹介しています。)

・牛革   ダークブラウン
ベーシックアンティークブロンズはこちら


ベーシック

  内装特集男の子画像

昔ながらの定番デザインで安心感は段違い!
素材の良さが映えるシンプルさです。その分ステッチで遊びを入れて。

・コードバン ブラック、ブラック×ブルーステッチ
ベーシックのコードバンはこちら

・牛革    ブラック、ブラック×ブルーステッチ、ブラック×レッドステッチ、ネイビー×ホワイトステッチ
ベーシックの牛革はこちら

・人工皮革  同上
ベーシックの人工皮革はこちら


オラージュ

内装特集男の子画像

カーボン調素材を引き立てるブラックカラーの内装。
それぞれの素材の違いを実感して頂ける組み合わせです。
(次の段落では、オラージュの別カラーもご紹介しています。)

・人工皮革  カーボンブラック×シルバー
オラージュはこちら




本体カラー×別カラー内装(無地)のランドセル

特徴的な本体カラーの良いアクセントになるダークトーンの無地の内装。
よりお互いのカラーの良さを引き立て合っている組み合わせです。

オラージュ

内装特集男の子画像

展示会で男の子人気がとっても高いゴールド系カラーのランドセル。
かぶせ・内装をブラックにすることで全体の印象が引き締まります。
(前の段落で紹介したオラージュの別カラーになります。)

・人工皮革  カーボンゴールド×ブラック
       カーボンシルバー×ブラック
オラージュはこちら


ベーシックアンティークブロンズ

内装特集男の子画像

レトロカラーのアンティークブロンズもかぶせ・内装をダークカラーにすることで本体カラーが映えます。
ブラックでも古き良きアンティークを感じさせる落ち着いた色味です。
(前の段落で紹介したベーシックアンティークブロンズの別カラーになります。)

・牛革   ブルーアイリス、キャメル
ベーシックアンティークブロンズはこちら




背あて・肩ベルト・本体カラーがすべて同じカラー内装(無地)のランドセル

ファルベ

内装特集男の子画像

一見シンプルでありながらも特徴的なカラーをチラリと見せて楽しめる個性的なランドセル。
シンプルな色の組み合わせを楽しめるだけでなく、人と同じデザインにしたくない方におすすめです。

・牛革    ブラック×グリーン、ブラック×ブルー、ブラック×アクアブルー、ネイビー×アクアブルー、ネイビー×チョコ、グリーン×チョコ
ファルベの牛革はこちら

・人工皮革  同上
ファルベの人工皮革はこちら




萬勇鞄の注目ポイント5選

内装のバリエーションが豊富

内装特集男の子画像

ランドセルのカラーリングに合わせたシリーズごとの内装デザインをご用意。
シンプルで使いやすい無地から、気分が上がる柄物や特徴的なカラーリングの内装まで見ているだけでも楽しくなりますね。


工房系ならではの手縫い製法で丈夫

内装特集男の子画像

萬勇鞄はやんちゃな男の子でも6年間使い続けられる頑丈なランドセル。
その秘密は「手縫い」製法にあります。

力のかかる肩ベルト、背当てと大マチを一針ずつ、職人が丁寧に縫っています。
通常はミシンで仕上げるのが一般的ですが、萬勇鞄では長く使っていただくお子様が安心して背負えるように素材を問わずすべて手縫いして仕上げています。

実は萬勇鞄の工房がある名古屋では戦前、軍馬用の馬具作りが盛んだった地域なんです。
その関係で手縫いの伝統技術を持った職人が多く、使いやすいランドセル製造にも一役買っています。

萬勇鞄なら6年間の修理保証サービスがあるので安心ですね。

手縫い製法が詳しくわかる「丈夫さの理由」ページはこちら


マチ部分の耐久性を上げる工夫

内装特集男の子画像

内装の外側の大マチ部分は大きな負担がかかる部分です。
日常的にランドセルを背負ったまま椅子の背もたれに寄りかかったり、ついふざけてランドセルの上に乗ってしまうこともあるかもしれません。
萬勇鞄では耐久性を上げる工夫として大マチの芯材にミシン目に合わせて強度の高い補強材を使い、変形を防いでいます。

補強方法が詳しくわかる「各パーツへの工夫~補強編~」ページはこちら


汚れても落としやすい素材×中まで総内張り

内装特集男の子画像

毎日使うランドセルだから汚れた時のメンテナンスも気になりますよね。
ランドセルのカブセ裏は「人工皮革」、内装は「合成皮革」を使用しているので、他の素材と比べても最も汚れがしみ込みにくく、かたく絞った雑巾などで拭けば、すぐに汚れが落ちます。


見えない細部まで手を抜かない作り

内装特集男の子画像

内装はもちろん、前ポケットに至るまで、すべての場所に内張りが施されています。
他のメーカーでは開いた時に革素材の裏面が見えるメーカーもございますが、萬勇鞄では目立たない部分も表側と同じ処理を施しているので開けた時の満足度も違います。




男の子の内装まとめ

今回は男の子ランドセルの内装を特集してご紹介しました。
内装は何度も目にする分、少しのほころびも気になる箇所です。
是非心ゆくまでお子様と相談しながら6年間使用するランドセルを選んでみてくださいね。

萬勇鞄では以下のページで「男の子にオススメのランドセル」を一覧でご紹介しています。
是非こちらも参考にしてランドセルを選んでみてくださいね。

「男の子にオススメのランドセル」ページはこちら

ご質問フォーム

コラムの内容についてご質問等ございましたら、
お気軽にお送りください。

*は必須項目

お名前*
ご連絡先
電話番号*
- -

※半角入力

メール
アドレス*

※確認のため2度入力してください。

※半角入力

お問い合わせ
内容*

携帯電話で迷惑メール対策の設定をしていますと、
弊社からのメールが届かない場合があります。
設定をされている方は、変更をお願いいたします。

■指定のアドレスを受信する場合、
下記のアドレスを指定受信してください。
info@manyu-randoselu.jp

■指定のドメインを受信する場合、
下記のドメインを指定してください。
manyu-randoselu.jp

関連記事

お問い合わせ
pagetop