トップ > かしこい! ランドセルの選び方 > クールビューティーなネイビーのランドセル

COLUMNかしこい!
ランドセルの選び方

クールビューティーなネイビーのランドセル

2020.05.18(Mon)

クールビューティーな女の子向けネイビー(紺)のランドセル

「ネイビー」にどのような印象をお持ちですか?

ネイビーの色の語源は、イギリス海軍の濃紺の制服が由来だそうです。
今も、警察や学校の制服などにネイビーが使われることが多いのは、この色が与える凛としたイメージがぴったりだからと言われています。
また、紺色は昔から藍染で使われてきた色ですので、日本人にとっても馴染み深い色ですよね。
これを聞くと、「ネイビー(紺色)が嫌い」と言う方が滅多にいないのも、なんだか納得できます。

女の子がネイビーのランドセルって、実際どうなんだろう?

女の子向けのブルー系ランドセルというと、可愛らしい印象の水色のランドセルをよく見かけますよね。
ランドセル選びを始めて、お子さまに「ネイビーのランドセルがいい!」と希望されて少し戸惑ってしまった親御さまもいらっしゃるかもしれません。
もしくは、「ネイビーのランドセルって少し珍しくておしゃれだと思うけど、子どもは納得しないかな」と迷っている親御さまもいらっしゃるかもしれません。
確かに、ネイビーのランドセルは男の子から選ばれることがとても多く、ブルー系は定番カラーの黒に次ぐ人気色です。
でも、クールで知的な印象のネイビーは大人可愛く、女の子からもひそかに注目されているカラーです。
大人の女性からも支持されている流行に左右されない安定の人気色で、落ち着きのあるおしゃれさが素敵ですね。


ネイビーのランドセルには、こんなメリットもあるんです!

汚れや傷が目立ちづらい

6年間毎日使い続けるものですから、どうしても少しは汚れがついたり、傷がついてしまうこともあるかと思います。
ネイビーは濃い色調ですので、汚れや傷が目立ちにくいメリットがあります。
学校帰りに公園に遊びに行ったり、習い事に行ったり。活発なお子さんが毎日使っても安心できますね。

他の子と被りづらい

おしゃれなネイビーのランドセルですが、女の子の中ではまだまだ少数派。
でも、サックス、水色やラベンダーなどの寒色系のラベンダーも最近はとても人気です。
人気のブルー系のランドセルだけど、ちょっぴり珍しいこの色は個性的で素敵です。

飽きがこない

ネイビー(紺色)は、大人の女性からもずっと選ばれている色です。
この記事を読まれているお母さんも、きっと1つはこの色のお洋服や小物などをお持ちではないでしょうか?
そして、ネイビーはどんな服にも合いやすいですよね。
低学年の頃は、赤やピンクなど、鮮やかなコーディネートを好むことが多いと思います。
そんな華やかなカラーの甘さも、ネイビーなら上手に調整してくれます。
また、ベージュや茶色、カーキなどのアースカラーとも相性バッチリですし、白色や黒色、グレーなどのモノトーンカラーとも馴染みやすいです。
学年が上がるにつれて、色の好みが変わった場合も、ずっと飽きずに使い続けることができます。

萬勇鞄のネイビーは、深みのある濃い発色で、とても上品な印象。
女の子向けランドセルでは数少ないクールなカラーで、さりげなく周りと差をつけつつも、シンプルできちんと感のあるカラーなので、学年を増すにつれてきっと愛着が湧くでしょう。
それでは、萬勇鞄でも唯一女の子向けのネイビー(紺)を展開しているデザイン「ラッフル(Ruffle)」をご覧ください!
女の子らしさも兼ね備えているネイビーのランドセルをお探しの方にぴったりですので、ぜひご参考にチェックしてみてくださいね。

ラベンダー色のアクセントがさりげなく可愛い「ラッフル(Ruffle)」

背あて・内装・肩ベルト裏のほんのり優しいラベンダー色が特徴のこちらのデザイン。
ランドセル全体は無駄なくシンプルにすっきりと仕上げており、アクセントカラーでおしゃれを表現しています。
また、ステッチもラベンダーで仕上げていて、さりげなく女の子らしい印象に。

やわらかさのあるラベンダー色は、あえて派手な装飾をつけないことで可愛くなりすぎず、大人な雰囲気も感じられます。
シックなネイビーとの組み合わせは、アクセントのラベンダー色とはまた違った印象でメリハリがありシンプルながらインパクトがあります。
きらびやかな装飾だと飽きてしまう心配もあるかと思いますが、ラッフルのようにカラーで楽しむおしゃれは飽きにくくおすすめです。
周りに左右されず自分を貫く、そんなしっかり者の女の子にぴったりなランドセルです。

そして、かぶせについているびょうや、前段ポケットのチャームはプレーンなタイプのものを使用しました。
きれいなコンビカラーの全体のデザインを邪魔しないように考えられた仕上がりです。

素材は、牛革と人工皮革(シボタイプ)の2種類をご用意しています。
牛革の魅力は、なんと言っても使うほどに味が出ることです。
ぬくもりのある手触りで、また丈夫で傷に強く、吸湿性や通気性にも優れているのもポイント。
毎日使っていくことで身体に馴染んでいくので、6年間安心して持つことができる革素材です。
もうひとつの人工皮革は、雨や汚れに強く、軽量で柔らかい特徴があります。
また、表面に見える立体的なシワ模様をつける「シボ加工」を施すことで、傷に強く、また傷がついても目立ちにくくなります。

ちなみに、こちらの商品は他にも「ダークブラウン×ラベンダー」、「ワイン×ラベンダー」のカラーバリエーションがございます。
「デザインはシンプルで、昔ながらの形がいい。でも、オシャレなカラーで周りと差をつけたい!」というお子さまにぴったりの商品ですよ。

「ラッフル(Ruffle))」牛革の詳細はこちらから
「ラッフル(Ruffle))」人工皮革(シボタイプ)の詳細はこちらから

男の子向けの商品ラインナップも数多く販売しています

今回はフォーマルでオシャレな女の子向け商品を紹介させていただきました。
「もっとスポーティーな、かっこいいランドセルがいい!」と言うお子さまには、男の子向けのデザインもぜひご覧になってください!

関連リンク:かっこよさ引き立てるブルー/青系ランドセル

萬勇鞄ランドセルならではのこだわりも充実しています

萬勇鞄オリジナルのネーム刻印プレート

萬勇鞄のランドセルには、標準仕様としてお子さまのお名前が刻印されるネームプレートがつきます。
デザインも女の子用と男の子用があり、選べる書体でご用意しています。
また、刻印する文字もお客さまのご希望に対応可能です!
世界にひとつだけのランドセルになるから、もっと好きになれること間違いなしですね。

背負いやすさと、手縫いの丈夫さ

体の小さな低学年でも、ランドセルの負担を感じず元気に歩けるようにこだわっています。
職人が手掛けるランドセルでは珍しい、立ち上がった背カンで自然に身体にフィットするから、重みが後ろに引っ張られません。
そのため姿勢が前にい倒れにくく、毎日の通学も安心です。
また、萬勇鞄の”ウィング背カン”は、ランドセル本体と非連動で左右が別々に動く仕様です。
肩への負担が軽減されるだけでなく、ぐんぐん成長するお子さまの肩幅がひろくなっても、背負いやすい構造なんですよ!
近年では、どのメーカーやブランドもこだわってランドセルを作っています。
お子さまの体格によって背負いごこちも違うので、ランドセルを選ぶ際にはぜひ実際に背負ってみることをおすすめします。

さらに、萬勇鞄のランドセルは、いちばん負担がかかりやすい背あてと肩ベルトを手縫いで仕上げています。
パラパラと連鎖してほつれやすいミシンと比較して、手縫いの縫い目はもし一部が切れても、ほつれにくいのです。
萬勇鞄のランドセル=”丈夫なランドセル”。そんなイコールが繋がるような、6年間安心して使っていただけるランドセルです。

充実したカラーバリエーションと、飽きのこないデザイン

今日ご紹介したモデルからもお分かりになるように、萬勇鞄では豊富なカラーバリエーションをご用意しています!
定番の赤やピンク、近年人気の水色やキャメルはもちろん、チョコ色などの茶色やワインなど。
男の子向けのデザインでは、少し珍しいシルバーやゴールドも取り扱いがあり、選択肢はたくさん!

また、飽きのこないデザインも自慢のひとつ。
シンプルなデザインにはおしゃれなステッチやアクセントカラーを入れたり、内装記事や刺繍にもこだわっています。

もちろん、機能面もばっちり!

ランドセルの収納容量については、よくご質問をいただきます。
萬勇鞄のランドセルは、A4フラットファイル対応の、大容量サイズです!
長期休暇前後に荷物が増えたり、高学年になって教材が増えても大丈夫です。

また、6年間の修理保証もございますので、ご安心くださいね。

ご購入前に、実際に背負ってみることをおすすめしています

いかがでしたか?
他の子とはちょっと違うネイビーのランドセル、とってもかわいいですよね。
クールビューティーな、お姉さんらしい女の子に選ばれています。
小学校生活でずっと使い続けるものなので、背負いごこちや、自分にぴったり似合うカラーを探すためにも、ぜひ一度背負ってみてくださいね!
ご入学までの準備がもっと楽しくなるように、私たちが少しでもお手伝いできたらいいなと思っています。

関連記事

お問い合わせ
pagetop