トップ > 萬勇鞄のものづくり > 丈夫さの理由

丈夫さの理由。

萬勇鞄のランドセル="丈夫なランドセル”。
そんなイコールが繋がるような、6年間安心して使っていただけるランドセルです。

丈夫さ1 職人のひと針ひと針が、丈夫な縫い目をつくる。

パラパラと連鎖してほつれやすいミシンに比べて、
もし一部分が切れても、ほつれにくい手縫いの縫い目。
また、ミシンでは必要以上の力がかかる場合があります。
その点、手縫いは職人の力加減で縫うことができます。
この熟練の技あっての丈夫さです。

いちばん負担がかかりやすい、背あてと肩ベルト。
頑丈にしたいこの部分を、手縫いで仕上げています。

丈夫さ2 見えないところにも、丁寧なものづくりを。

ランドセルの側面、特に負荷がかかる大マチの部分。
ミシンの縫い目に合わせて補強材が入っています。
このおかげで、つぶれにくいランドセルに。
さらに背板部分の補強に使っているのは、実はピアノ線。
背板を反りにくくさせ、変形を防いでくれます。

丈夫さ3 素材の”適材適所”。萬勇鞄は知っています。

肩ベルトには、二つの素材を使い分けます。
肩に当たる部分には、ソフトでやさしい牛革を。
ベルト穴の部分には、しっかり丈夫な人工皮革を。
“やさしさ”と”丈夫さ"、どちらも兼ね備えた肩ベルト。
二重の革がしっかりランドセルを支えます。

※人工皮革(タフガード)の商品は牛革の部分が人工皮革になります。

資料請求受付開始!

萬勇鞄紹介ムービー

萬勇鞄の8つの秘密

萬勇鞄の秘密 工房編

  • よくある質問
  • ランドセルカレンダー
  • 展示会ショールーム
  • お客様の声
pagetop