トップ > 萬勇鞄のものづくり > 萬勇鞄のランドセルができるまで

萬勇鞄のものづくり

萬勇鞄のランドセルができるまで

トントン、トントン…。ダダダダダダッ…。
チクチク、チクチク…。
今日も工房には、キミを想う音たちが、鳴り響いています。

私たちが、心を込めておつくりしています。

1.革の下準備

  • 型入れ

    天然皮革の大きな1枚の革に裁断するための下書き。シワや怪我などの跡があるため、ランドセルの各部に適した部分を職人がしっかりと見極め、厳選して型入れを行います。

  • 裁断

    型入れをした革をランドセルの元となるパーツごとに丁寧に裁断していきます。

  • 革すき

    ランドセルはパーツごとによって厚さが異なります。革の厚さによってランドセルの強度や軽さが左右されるため、コンマ数ミリ単位で職人が慎重に調整していきます。

2.パーツづくり

  • 前段ポケット

    下準備が終わった後の一番最初の工程。前が歪むと後ろもどんどん歪んでいくため、技術が必要とされる大切な作業です。

  • 大マチ

    型崩れを防ぐために強度を高めます。
    デザインによって形の違う補強材を使用しています。

  • かぶせ

    かぶせはランドセルの顔になる所。一枚一枚凹凸をつくるスポンジと一緒にかぶせとかぶせ裏を丁寧に貼り合わせていきます。

3.組み立て

  • ミシンがけ

    ランドセルのパーツごとに異なるミシンを使用し、ランドセル作りを進めていきます。職人がしっかりと丁寧にミシンをかけていきます。創業当時から使い続けているミシンも、まだまだ現役です。

  • のりづけ

    背あてと内装部分などを張り合わすために、ゴムのりを使用してのりづけを行います。
    様々なパーツを張り合わすために使う馬毛のブラシが大活躍します。

  • 貼り合わせ

    出来上がってきたランドセルのパーツを、職人がゆがみ、ズレがないように慎重に手作業で貼り合わせていきます。

4.仕上げ

  • 仕上げの手縫い

    最後の仕上げは想いを込めて、一針ひと針、チクチクチクチクと丁寧に縫い込んでいきます。
    ランドセルで一番負荷がかかる背中と肩ベルトの部分を手縫いで縫う事で、6年間安心して使える強くて丈夫なランドセルになります。

  • 全ての工程に、
    手間を惜しまずつくられた
    萬勇鞄のランドセルは
    ひとつひとつが特別な、
    あなただけのランドセル。

資料請求受付開始!

萬勇鞄紹介ムービー

萬勇鞄の8つの秘密

萬勇鞄の秘密 工房編

  • よくある質問
  • ランドセルカレンダー
  • 展示会ショールーム
  • お客様の声
pagetop