お問合せ
ホーム > コンセプト > ランドセルができるまで

萬勇鞄のこだわり

萬勇鞄のランドセルができるまで

1

型入れ

天然皮革の大きな1枚の革に裁断するための下書きを入れることを型入れといいます。
シワや怪我などの跡があるため、ランドセルの各部に適した部分を職人がしっかりと見極め、厳選して型入れを行います。

2

裁断

型入れをした革をランドセルの元となるパーツごとに丁寧に裁断していきます。

3

革すき

ランドセルはパーツごとによって厚さが異なります。
革の厚さによってランドセルの強度や軽さが左右されるため、コンマ数ミリ単位で職人が慎重に調整していきます。

4

ミシンがけ

ランドセルのパーツごとに異なるミシンを使用し、ランドセル作りを進めていきます。職人がしっかりと丁寧にミシンをかけていきます。創業当時から使い続けているミシンも、まだまだ現役です。

5

のりづけ

背あてと内装部分などを張り合わすために、ゴムのりを使用してのりづけを行います。
様々なパーツを張り合わすために使う馬毛のブラシが大活躍します。

6

貼り合わせ

出来上がってきたランドセルのパーツを、職人がゆがみ、ズレがないように慎重に手作業で貼り合わせていきます。

7

目打ち

目打ちは手縫いの前準備。
固くて丈夫な革を手縫いで縫いやすいように穴をあける作業です。

8

仕上げの手縫い

最後の仕上げは想いを込めて、一針ひと針、チクチクチクチクと丁寧に縫い込んでいきます。
ランドセルで一番負荷がかかる背中と肩ベルトの部分を手縫いで縫う事で、6年間安心して使える強くて丈夫なランドセルになります。

完成!
「萬勇鞄のこだわり」TOPへもどる