トップ > かしこい! ランドセルの選び方 > 本当にその色で大丈夫?ランドセルの色

かしこい! ランドセルの選び方

本当にその色で大丈夫?ランドセルの色

2016.03.04(Fri)

春から新1年生。
ピカピカのランドセルを背負って、元気に登校するお子さまに、パパやママも胸が高鳴ってしまいますね。


さて、新学期に必要な準備はもう始めていますか?
小学生になるお子さまに、欠かせないもの。
それはランドセルです。

ランドセルの色に悩まれているパパやママも多いのではないでしょうか?

6年間使うものだからこそ、慎重になってしまいますよね。
お子さまの希望に合わせたいけれど、

「選んだその色で、本当に大丈夫…?」

とお子さまがお店で手にしたランドセルの色に、不安になってしまうなんて場面もあるかもしれません。

もし、こんなことがあったら…という時の参考にしていただいて、納得のいくランドセルを選んでほしいです。

こんなことがあるかも!

男の子のランドセル


前までは、黒一色だった男の子のランドセルの色も増えてきて、今では青、紺、緑、茶、さらにはシルバーなど豊富です。

お子さまの希望で選んであげたいけど、男の子で赤やピンクを選んでしまったとき、
そんなときパパやママは 戸惑ってしまうと思います。

「赤もカッコいいよね。でも女の子がいっぱい持っているよ」
「男の子は、ほとんど黒や青なんだけど、どうしようか?」

と、一度聞いてみてもいいかもしれません。

売り場を少し見て、周りの子が黒や青を選ぶ姿を一緒に見てもいいですね。

まだまだ男の子は黒などの寒色系を選ぶ子がほとんど。
お子さまの希望に合わせて、赤のステッチやラインの入ったものなどをお選びいただくといいかもしれません。



女の子のランドセル


女の子の場合は、とても派手な赤やピンク、男の子が持つ黒など、ちょっと珍しい色をお子さまが選んだ時、不安になってしまいますよね。

「派手な色だと、いじめられたりしないかしら…」
「女の子で黒は後から後悔しない?」

と、心配になってしまいますよね。

でも、どうしても好きな色にこだわる子もいるでしょう。
黒が好きな女の子だっていますよね。

最近では、黒も女の子に人気の色にもなっています。
女の子用の刺繍や模様の入った黒いランドセルもありますが、一見、シンプルな黒いランドセルだと、男の子用なのかな?

と思ってしまう時もありますよね。

男の子の時と一緒で、6年間使うものだということを、もう一度確認してみたり、
登校風景を見せて、女の子がどんなランドセルの色を持っているのかを、一緒に見に行ってもいいと思います。



薄い色でも大丈夫?


薄い水色や淡いパープル、ピンクなど女の子に人気のカラーですが、

「可愛いけれど、汚れないか心配!」

という声があるかと思います。

そういった時は、ランドセルカバーがおすすめです。

カバーも色んな種類がでていますので、ランドセルの色を活かしたい場合は透明なもの、
可愛くデコレーション出来るレースやリボンなど装飾ができるもの、 柄や色をガラッと変えられるものまで色々あります。


地域にもよりますが、1年生のうちは交通安全の黄色いカバーをするところも多いです。
汚れが心配な方は、カバーを付けてみるといいかもしれませんね。

ただし、カバーは付けっぱなしにしておくと、皮を傷めてしまう原因にもなります。
ランドセルカバーをつける場合は、皮のストレスにならないよう、使用後は取り外すことをおすすめいたします。



お子さまの選んだ色が一番!


大きくなった時にも大事に使ってもらえるように。
飽きないかな。汚れが目立たないかな。いじめられないかな。

さまざまな想いで選ぶランドセルですが、やっぱりお子さまが選んだものが一番です。

「派手なそっちより、こっちにしなさい」
なんて決めてしまうと、

「この色がよかったのに…」

とお子さまは、ずっと言ってしまうようになります。
欲しかった色が買ってもらえなかった子にありがちなのです。

ランドセルも今、さまざまな色が出ているので、珍しい色でいじめになってしまう事はないようです。

小学校高学年と大きくなってからは、ランドセルは当たり前の存在、愛着を持っている空気のような存在になります。

お子さまの希望が固まっているなら、それを尊重してあげて、汚れが目立つ、飽きる、などはカバーをすることで解決できますので、

自分が選んだ大切なランドセル

という気持ちを大事にしてあげると、お子さまのやる気や自信にも繋がり、きっと6年間大切にしてくれます。


6年間使うものだからこそ、選ぶことに悩んでしまいますが、ランドセルに悩むことも、お子さまにとって一生に一度の思い出です。
お子さまとの素敵な思い出を作るという気持ちで、ぜひランドセルを選んでみてくださいね。

関連記事

資料請求受付開始!

萬勇鞄紹介ムービー

萬勇鞄の8つの秘密

萬勇鞄の秘密 工房編

  • よくある質問
  • ランドセルカレンダー
  • 展示会ショールーム
  • お客様の声
pagetop